もこもこぷー

仕事に育児、学童に吹奏楽、サモエド犬モコ&ネコのプー、さらにハスキーの紗羅まで加わり、ダンナは単身赴任… 忙しくも楽しい?日々を綴ります 

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぶとちゃん

先週の土曜日のお話…

給湯器の修理に来ていたお兄さんがウチのドアを開けて「それじゃどうも?」と帰ろうとした時、その足下にはひっくり返ってバタバタしてるカブト虫がぁ??!
「わっ!」と驚くお兄さんを押しのけてしーがカブト虫を捕まえました。

ウチのマンションの向かい側(少し離れてるけど)に公園になってる森があって よくマンションの廊下の明かりに向かって飛んできてはドアに激突して落ちてるんです。

しーちゃんはメスのカブト虫を「かぶとちゃんカワイイねぇ(*^_^*)」とお気に入り。
家に持ち込んで膝の上に乗せたり、おもちゃのバケツに入れてみたりとかわいがってます。
「飼うの?逃がしてあげれば?」と勧めても「いやっ!お家の子にするのっ!」と聞きません。
しかし、女の子2人の我が家にはカブト虫飼育セットなどあるわけもなく(-_-;) 結局買いそろえる羽目に…。

そのあとすぐに私の楽団の練習に出かけることになっていたので とりあえずカブト虫をバケツに入れて空気穴を開けたラップで蓋をして 行きがけに飼育セットを買うことにしました。

ホームセンターに行くと様々な飼育グッズが…。
『カブト虫って臭いんだよね?』と尻込みしていた私でしたが、今はいろいろな消臭グッズがあるんですねぇ! 進歩、進歩。
なので一通りのグッズ+消臭グッズ等を購入して計2,000円弱。 はぁ?、結構高くついたなぁ…。

練習中も練習終了後の食事中もしーちゃんは「かぶとちゃん 今なにしてるかなぁ…」「かぶとちゃんはげんきかなぁ」とひっきりなしに聞くので「じゃあpapaに電話して聞いてみな」と電話させると「元気だよ」との答え。 よかったよぉ 死んでなくて(-_-;)

いつものように夜中の帰宅…
あれほどかぶとちゃんを気にしていたしーも車中で爆睡…と思ったら、家に着いた途端にパッチリと目を開け「かぶとちゃんのお家をつくらなくっちゃ!」とバケツを覗き込みました。

しかし悲劇が!
かぶとちゃんは動かなくなっていました。 弱り切ってほとんど死にかけ…
だけど弱々しく時折動く触覚を見逃さなかったしーは納得せず、ゼリーの上に乗せて「早く起きて?」とじぃ??っと待っています。
「死んじゃったよ」といくら言っても「まだ動いてるモン。寝てるだけだよっ!」と言い張るので、仕方なくお家を作って入れました…

一晩経って「かぶとちゃん起きたかなぁ?」といつもよりも早く起き出したしーちゃんの期待も空しく、昨晩の姿勢のまま動いていないカブト虫。 もう触覚も動きません。
それでも納得してないしーは「死んじゃったよ」というpapaの言葉にも「寝てるだけ!」と譲りませんでしたが 「埋めてあげようと」と言われると妙に素直に「いいよ!埋めてあげる(^_^)」と…?
何するのかな?と思ったら カブト虫の飼育ケースの土に埋めようとしています。
「違うってぇ?!外だよ外!」とpapaが言うと「だって、お水をあげるんだよ?!」 ??? 「もしかして…なんか間違ってない? 芽が出てくるとか思ってない?」と聞くと「出てくるよ!」と答えてます。(^_^;)
どうやら カブト虫を埋めてあげるとカブト虫の木が出てカブト虫がたくさん採れると思っていたようです。(^^;)

papaが必死で説明して何とか納得させ、やっと駐車場の金魚のお墓の横にかぶとちゃんは葬られたのでした。

子どもの発想って思いもよらないことばかりですね?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mokomokopoo.blog63.fc2.com/tb.php/69-ecf1b794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。