もこもこぷー

仕事に育児、学童に吹奏楽、サモエド犬モコ&ネコのプー、さらにハスキーの紗羅まで加わり、ダンナは単身赴任… 忙しくも楽しい?日々を綴ります 

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチは虚弱家族かい?

なんかビョーキネタばっかだけど…(-_-;)

モコは昨日の日記にも書いたとおり てんかん発作の持ち主で、なにかというと獣医さんに行く羽目になる。
そのうえサモエドってちょっと珍しい犬種のお陰ですっかり獣医さんでは顔パス状態。

でもモコが顔パス状態になったホントの訳はネコのプーにあるんだ。

前にも書いたけど プーは拾われたとき結構状態が悪かった。 その時治療を引き受けてくださったのが今通っている獣医さん。 なのでプーとはその時からのお付き合い。
ウチで引き取ってからもたびたび目やにが出たりしたし ウチは猫を飼うのは初めてなので分からないことだらけで その度に先生にいろいろ聞きに行ったりしていた。

それから数年後… 今から何年前だっけ??(OH!なんて事?! 飼い主が忘れてるなんて!(>_<)
ある日帰宅してみると、突然プーが家中のあちこちでお○っこをしていた。(-_-;) それもちょっとずつ。 そして落ち着きなく、頻繁にトイレに出入りする。 それなのにトイレでせずに部屋の中でお○っこをする。
『これはいったいどうしたことなの?!』 

トイレをのぞき込んでみると あんなに頻繁に行っているのにトイレはちっとも汚れていなかった。 部屋の中でのお○っこもよく見るとほとんど出てなかった。 トイレをもう一度見直す赤い所が… 血尿だ!

『!!!』
異変を感じ、慌てて病院に連れて行く… 膀胱結砂(しかも重症)との診断だった。「あと1・2時間連れてくるのが遅かったら尿毒症で命を落としてたかも…」と言われてゾッとした(@_@)

それから数日、お○っこを絞り出してもらうために毎日病院通い。
フードを処方食に替え、なくなる頃には病院に行ってエコーで状態を確認した。 変わりばえのしない結果に一喜一憂しつつ また処方食をもらう。
少し良くなったと思うと また血尿がでて病院に駆け込む…

そんなことを繰り返してもう数年。
それに加えて、更に衝撃的なサモエド・モコの登場! そしててんかん発作…

さすがに病院で顔パスも使えるようになります。(-_-;)
最近では電話で名字を言っただけで「今日はプーちゃんですか?モコちゃんですか?」と聞かれるくらい…(診察券いらず(^^;)
病院の数名いるスタッフの方、全員が覚えていてくださるようで プーの処方食を頂きに行ったときには「最近モコちゃんの調子はどうですか?」 モコの健康管理のために行ったときには「プーちゃんはお○っこ出てますか?」と尋ねてくださるようにもなってしまった。
それぞれのカルテは別々なのにね。(^^;)

全然別々の経過をたどってウチに来たプーとモコだけど 二人とも持病があるって事だけは共通だったみたいだね?(-_-;)

別にウチは『病気がある子を引き取って育てる!』なんてゆーボランティア精神満載家族じゃないっすよ 念のため(^^;)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mokomokopoo.blog63.fc2.com/tb.php/45-62f6e71a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。