もこもこぷー

仕事に育児、学童に吹奏楽、サモエド犬モコ&ネコのプー、さらにハスキーの紗羅まで加わり、ダンナは単身赴任… 忙しくも楽しい?日々を綴ります 

2009-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演奏会終了!

ご来場くださいましたみなさま、また影ながら応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
本番は特に大きな事故もなく、やばかった箇所もなんとか誤魔化せたか?といったところで、なんとか無事に終了いたしました。
お姉ちゃんのソロも遅すぎる装飾音符は百歩譲って許すとして、なんとか失敗なく終わり、親の方がホットいたしました。

打ち上げでは私もちょっと羽目を外しすぎたかもしれませんが(^_^;A それ以上のメンバーがいたお陰で目立たなかったかと…(-_-;)
大丈夫だったのだろうか?あれから… と心配してはおりますが、既に2日が経過しておりますのでなんとか立ち直っていることでありましょう。

私はと言えば、月曜日の朝起きると、10数年ぶりに顎関節症の症状が出ておりまして、口が2?くらいしか開かず、上手く物が食べれません。
前日に顎関節症の話をたまたましていたのですが、まさかこんなタイミングよく再発するとはね?。
ま、演奏会前じゃなくて本当に良かったですよ。
今回の症状は軽そうですし、しばらくすれば治まるでしょ。

そんなこんなで、なんとか演奏会終了いたしました。
みなさま本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

いよいよ!

いよいよ一年の集大成!演奏会が明日に迫って参りました。
実はまだ 自分的には不満足なところが多々あって、今日の練習いかんでは後悔が残るものとなってしまうかもしれない危険(?)をはらんでいます。
今日は午後すぐから夜までの練習… 明日の演奏会で悔いの残らないように頑張りたいと思います。

それにしても、楽器を倉庫から運び出す時間帯あたりが一番雨が酷くなりそうな予報。
いやだなぁ…
楽器が濡れるのはもちろん大変なことですが、楽器を積み込むのに傘とかさしていられなくてずぶ濡れになっちゃうんだよね。(-_-;)
その時だけでいいから 雨足が収まってくれるといいんだけどな。

明日は懇意にしていただいている作曲家の先生も聞きに来てくださる予定。
先生、来るの忘れちゃやーよ。(笑)
先生の曲、先生にご満足いただけるように演奏できたら良いなぁと思っています。

明日は不安でもあり、とっても楽しみでもある1日…
そしてちょっと寂しい日。
なんでか?って、 これが終わってしまうと、しばらくは大きな予定が全くないから(-_-;)

今はとにかく何だかわからないけど楽器が吹きた?い!
だから、なにか予定があって人数が足りない場合はお声かけてくださーい。
よろしくお願いします。

とにかく、今日・明日は死ぬ気で頑張ります!

痛いよぉ(泣)

今朝、イスから落ちてしまいました。(-_-;)

ウチはベンチ型のイスをリビングに置いているのですが、そろそろ子どもを起こそうと思い、その背を越えようとしたときにどうした拍子かバランスを崩し、背中から床に墜落しました。
頭と背中と腰を打って、一時は息がつけず相当焦りました。

そのあと、起きあがろうとしたのですがすぐには起きあがれず、床に転がったままどうしようか考えました。
「助けてよ?(泣)」「痛いよぉ」と声を上げても、近くで寝ている子どもたちは全く気付いてくれず…
モコとぷーちゃんが入れ替わり立ち替わり気にして見に来るのですが、ありがたいけど何にも役に立たないし…
「モコちゃん。ねぇちゃんを起こしてきて」と頼むと、モコちゃん、えらいことにねぇちゃんのところに行って顔を舐めるのですが、「うぅーんっ!」と払いのけられ、困り顔で戻ってきてしまいます。
もうどうしようもなくて涙は出てくるし、携帯に手が届いたので119番も考えちゃいましたが、骨が折れたりしているような気配もないし、みっともないので断念。
仕方がないと思いつつダンナに電話するも、まだ寝ているのか、役に立たない不携帯は留守電に…
(泣)

仕方ないので すすり泣きながらリビングの床に15分ほど転がっていました。

そのあと何とか起きあがれたので子どもを起こしましたが、機嫌が悪いしーは支度をしようとせず学校をサボリ(怒) お姉ちゃんは相変わらず超寝起きが悪く、「わかってるよっ!」と言うだけでまた寝る始末。
「ママ、イスから落ちて動けなかったんだよ!何度も「助けて!」って呼んだんだよ!」と言っても無反応! 普通 ビックリして「大丈夫?」とか「どこか痛い?」とか聞かないかねぇ。(怒)

あのさぁ、ママがぶっ倒れて「助けて!」って叫んでるのに、あんた達の態度ってなんなの?
もう本当に頭に来ました。
もし、頭の打ち所でも悪くて死んでたりしたって、寝てて学校に間に合わず、起きたら起きたで私を跨ぎ越して行くだろうな…

ふつうさぁ、道で知らない人がしゃがみ込んでいたって「どうしましたか?」って声をかけるよねぇ。
わたしゃ 道で会う見知らぬ人以下かっ!

本当に頭に来たし、悲しくなった朝でした。

今週末は演奏会の本番だっていうのにさ!ケガでもしたらどうすんのさっ!
元々、ちゃんと目覚ましで起きてくれれば、私が起こしにいかなきゃ…なんて思わないのに…

幸い、腰と肩が少し痛いくらいで、手は無事のようです。ホッとしました。
肘でも打ってしまったら、楽団のみなさんにご迷惑かけるところでしたし、せっかく練習してきた事がムダになってしまうところでした。

誰か私のことを本気で心配してくれる人はおらんかね?

楽団に対する想い

今日はちょっと真面目なお話しでございます。
ウチの楽団に対する自分の想いなどを書いてみようかな…と。

ウチの楽団、とってもありがたいことに、最近はどんどん新しいメンバーが入団してくれてるんですわ。
だんだん各パートも充実してきて、本当にいいことなんです。
こちらをご覧くださる方の中には吹奏楽をよくご存じない方もいらっしゃるので、ちょっとご説明しますと、吹奏楽っていろんな楽器がありますよね? その中で例えばフルートやりたい!って人が10人いたとします。かたやクラリネットの人が2人しかいなかったとします。他の楽器も同じように人数のバランスがバラバラだったとしますよね。 そうすると音楽が成り立たなくなっちゃうんですよ。
各楽器にはそれぞれの曲によって最低必要な人数がある程度決まっています。また、その人数が満たされていたとしても多すぎてもバランスは悪くなります。 要するに、まんべんなくちょうど良い人数がいるのが理想的ということなんです。
今、ウチの楽団はちょっと足りないところもあるけど、だいぶ人数も揃ってきて、バランスもだんだんいい状態になっている所なんですね。

…と、前置きが長くなりましたが、話はこのこととは少し離れます。
先程「新しいメンバーがどんどん入団している」と書きました。 ここ2・3年の入団者だけで1/3か半数近くいるかもしれません。
そんな状況の中、昔からの伝統(っていう程のものでもないですが)が繋がっていかないという状況が起こっていると思うのです。

そんな中、ちょっと色々考えてくれそうな若者(大学生)にメールを書いたので一部転記します。
以下、転記…
*****************************************
(前略)
さて、ここからはちょっとお小言めいたお願いです。
私は、みんながチラシ挟みやポスティングとかポスター貼りを頑張っているのに、いつも参加できず、とっても心苦しく思っていました。
ウチの場合、気持ちはあっても家庭の事情でどうしてもなかなか思うように協力できない状況です。
もちろん、ほとんどの方は私のそんな状況をよく理解してくださっているとは思いますが、新しい方も沢山(特に若い方達が)入って来られた中、そのような事情をご存じなかったり、理解をして下さる方ばかりではないと思っています。
確かに、みなさんもお忙しい中、色々と都合をつけて協力をしていらっしゃるのですから、私だけが「特別」というわけではないことも解っています。「やりたい気持ち」も見えるものではありませんしね。(^_^;A が、現実的にどうしようもない状態なのは仕方のない事だとも自身で思っています。
君もまだ若いし、私のような家庭や子ども、おまけに仕事まで抱えた「オバチャン」(笑)の事情を理解してくれと言うのは酷だと思いますが、エビスイには他にも同じような状況の団員も数人ですがいることは事実です。
昨年の合宿の話(「山中湖でやろう」とい話)が出たときにも少しお話しさせてもらいましたが、中高生はもちろん、大学生、社会人、家庭の主婦も含めたメンバーが一緒に活動できているのがエビスイの良いところだと私は考えています。
エビスイが出来たときからいるからと、いつもデカイ顔して色んな意見を言っていますが(苦笑)、 エビスイが出来たとき、団長を含め創団者の方々とお話しをしていたのは、「いつになっても、いくつになっても音楽が続けられる。そんな楽団になったらいいね」という話でした。
私はその話を信じて、この楽団で楽団初めての結婚をし、楽団で初の出産をしました。その時、退団することなども色々考えたのですが、私より若い人たちが沢山いるこの楽団で(その頃、私は団の中で4番目位の年寄りでした(笑)、そのうち私のように結婚して子どもを産む人も増えていくだろう…。そうなったとき私が辞めていて、他の人も「小さい子どもがいるからもう辞めます」とみんなが辞めてしまったら、最初に話していた夢?はどうなるのか…。 そう思って、私は小さい赤ちゃん(おねえちゃん)を連れて練習に戻ることにしました。その姿を見て「あぁ、この楽団は子どもを連れて参加してもいいところなんだ」「私も子どもが産まれても楽器を続けよう」と思ってあとに続いてくれる人がいたらいいなぁと思ったからです。(ま、私が楽器を辞めたくなかったのも本音だけど(^_^;A)
その後、しーちゃんを連れて行って「(楽器があるのに)危ない」とか「邪魔だから」と苦情を言われた経験もありますが、ワガママかもしれませんが最初の信念を貫いて今の状態を続けています。ワガママを通させていただいたお陰で、幸せなことに今お姉ちゃんと一緒に楽器を吹くことが出来るのだとも思っています。他の子育て中の他のメンバーにも同じような幸せな思いをしてもらえたらと願っています。

長くなってしまったけど、言いたいことは「それぞれの事情に合わせて加減してあげられる心の余裕をみんなが持てる事が大事なのではないか?」ということです。
ただ、最近の傾向として、「ちゃんと協力しない人はダメな人」的な気持ちが一部の団員の中にあるのじゃないかな…と感じるのです。
演奏会の集客には昨年から始めたポスティング等は非常に有効で、今までの受け身の姿勢と比較して大変画期的な事だと思っています。その事は否定しません。
ただ、演奏会プロジェクトの君たち若い子達にもこんな気持ちを理解してもらって、それが周りの若い子達にも伝わってくれたら、今よりももっと暖かく、色んな人を受け止められる心の大きな楽団になれるのではないかと思って、この話をさせてもらいました。
決してあねごが怒ってるわけではなく、文句を言いたいわけでもないことは解ってね。

だんだんと人が入れ替わって新しく変わっていくことも大事だけど、このエビスイが出来た経緯、エビスイが最初から目指していたことを新しいメンバーにも徐々に伝えたくて…。 きっと君なら解ってくれるだろうと思って書きました。
(後略)
*****************************************

とっても長い引用になって恐縮です(^_^;A
でも、これが今の私の楽団に対する想いなんです。
私は一番古くからいる人間だからいいのです。 私にまともに意見をぶつけようというような恐れを知らない人はいませんから。(笑)
だけど、心配なのは他の人です。 やり方は良いやり方でも、それに協力できない人は心苦しいし、人によっては責められてる感を持つ人だっているでしょう。
演奏会の宣伝以外の事でも、大学生や独身の若い社会人と違って、家庭の事情等で時間の自由が利かない人は、一生懸命打ち込んでいる前者の人たちに対して引け目や罪悪感を感じることもあるでしょう。
逆に、時間の自由が利く人たちの中には相手の事情を鑑みず「あの人達はちゃんとやってないじゃない」と不満を持つ人もいるかもしれません。
ましてや、家庭の事情等がある人の中には古い人が多いため、意見や苦言をいわざるを得ない場合も多く、なおさら「何もやらないクセに文句ばかり言う」と腹を立てることもあるかもしれません。

今のところ、表だってそのような不和は生まれていないのが幸いですが、引用した文章の中にあるような『昔の記憶』というものをあらためて新しい人に話すような場もなく、新しい(若い)人の方が多数派になれば、心配しているような不和が生じることも充分考えられます。
そのようにして『意見の不一致』から分裂する楽団がどれほど多いことか!

もちろん、私のように古い者が、このような『昔話』をみんなに伝えていく義務はあります。それは重々承知しています。 しかし、そのような場がないことも事実ですし、自分とはあまりにもかけ離れた(結婚とか出産とか子育てとか)そんな話を真剣に心に留めて聞いてくれる若い人たちは少数です。
だから私は身をもってそれをみんなに見せ、少しでも解って欲しいと思って楽団に居続けるつもりです。
おねえちゃんが楽器を始めると言ったときに「赤ちゃんの時から見てきた子と一緒に楽器が吹けるなんて!」と大喜びしてくれた仲間達も30代になり、今 お姉ちゃんと一緒に楽器を吹けることを心から喜んでくれています。 まるでみな、自分の子どもか妹、歳の離れた友達のようにお姉ちゃんに接し、面倒を見てくれます。
今、高校生・大学生・20代前半の子達が、今、しーちゃんや他の人の子どもたちと接し、その子達が大きくなって楽器を始めると言ったとき、同じような喜びを持ち、「自分が子供を持つ時が来たら同じようにしたい」と思ってくれたら本望です。

私はこの楽団に23年所属しています。
もちろん一緒に演奏している仲間には愛着がありますが、長い間には悲しいことに訳あって楽団を去っていく仲間も多いのも事実です。
そして、私は一緒に演奏する仲間と同じかそれ以上にエビスイが大事なのです。
「嫌ならやめてしまえばいい」と私に言う人もいました。でも、私はエビスイに愛着がありすぎてそんなこと出来ないのです。
嫌なこと、良くないことがあるのなら、それを正してここを続けていきたいのです。

他にも楽団は山ほどあり、ウチの近所の楽団の人からは「なぜ近くのうちを通り越して遠くのエビスイまで行くの?」と言います。 お手伝いをさせていただいた楽団の中にもそれぞれ良いところがあり「いいなぁ」と思う時もあります。
でも、やっぱり私の一番の居場所なんです。

これからもしぶとく、若い子達にウザがられても(笑)『昔話』を一生懸命伝えていきたいと思っています。 こんな私ってヘンですかねぇ。(^_^;A

長々とお付き合いいただき 本当にありがとうございました。

演奏会の告知!

えー、ここでお知らせするのもなんですが、私とウチのお姉ちゃんが所属する吹奏楽団の定期演奏会が近づいて参りましたので、ちょっとでもお客様が増えてくれたら嬉しいな(^_^) って事で、ここに告知します。

♪海老名市民吹奏楽団 第21回定期演奏会♪

日時:平成21年11月15日(日) 『イイ日に行こー!』(笑)
    13時開場・13時30分開演
開場:神奈川県海老名市文化会館
    (小田急線・相鉄線・JR相模線の海老名駅より徒歩5分)

テーマ:「Let’s Dance!」
曲目:♪吹奏楽のための土俗的舞曲(1984年吹奏楽コンクール課題曲)
    ♪プスタ
    ♪ブラジル
    ♪風になりたい
    ♪喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション
    ♪ミュージカル「ミス・サイゴン」より      他

今年はゲストにプロのサンバチーム「ブロコ・アハスタォン」をお呼びしています。
本格的な(刺激的な?)衣装で舞台や客席を盛り上げてくれるはず!


今年、私はE♭クラ(小さいクラリネット)を吹きます。ほとんどの時間を端っこに座っているので、私の素敵な(?)横顔を穴のあく程眺められることうけあい!(爆)
犬友の方々には、いつもと違う私の姿をご覧いただけると思いますよ?。
また、お姉ちゃんが「土俗的舞曲」で小さいですが初めてソロを吹きます!
男性方には目の毒なリオのカーニバルばりの衣装のお姉さま方がお席の近くで踊ってくれるかもしれませんよ?(^_^)v

お近くの方、また興味を持っていただけた方は是非ぜひお越しくださいませ。
詳しくはこちらをごらんください。
海老名市民吹奏楽団 公式HP


この演奏会が終わると、今年の大きな演奏活動は終了です。
あとはクリスマスシーズンにちょっとしたイベント出演があるくらいかな?
昨年・今年と吹奏楽関係で色々なところで演奏させていただき、土日のたびにあちこち飛び回って過ごしていました。
この2年間、とても忙しく、しかし大変充実した日々でした。
素敵な新しい仲間も沢山! 本来ならばお目にかかることも難しい方々との親しい交流も生まれました。
せっかく開けたこの新しい世界… 是非来年も続いて嬉しい悲鳴をあげたいものです。

吹奏楽関係の知人の方々、クラリネットの賑やかしが欲しいときや親子で演奏してるという色物が欲しいときはお声かけてくださーい! お待ちしてまっす

ハスキーって

紗羅が来て3日目です。
まだちっちゃくて どう見てもネコにしか見えないくらい…
プーちゃんと色が似ているので、足元に来たのをチラ見しただけでは区別が付かず、「もう紗羅!」って怒ってみたらプーちゃんだったり、紗羅だと思ったらぴょーんとジャンプされて驚いたり(笑)
なんにもしてないのに怒られたりして ぷーちゃんにはいい迷惑ですね。

さて、最近お友達のクローカのブログではおっきい公園友達さんに沢山ハスキーさんやマラミュートさんがいるし、Nさんのところの茶々丸にもハスキーのお友達がいるので、ハスキーってそんなに珍しくないと思っていたのですが、一時期のあの大ブームのあとはいろんな評判もあったせいか少なくなっているんですね?。

いつもお世話になっている獣医さんに紗羅を連れて行ったら 「おーっ!ハスキーだ!珍しいなぁ。久しぶりに見たよ!」と病院中のスタッフさんが集まってきました。(^_^;A
「ましてや仔犬だよ?! えっ?ペットショップにいたの? そりゃ珍しい」だそうです。
老舗の獣医さんですが、ハスキーの患者さんはここ数年ではハスキー好きのお宅の二頭しかいないとか…
「いやー、嬉しいなぁ。 かわいいなぁ!」と大喜びされました。
もっとも、モコを最初に連れて行った時にはもっと大騒ぎされましたけどね?(笑)
そちらの獣医さんではモコが初めてのサモエドの患者さんだそうですから…
もちろん、院長先生は個人開業される前に何度もサモエドの診察はしたことがあるそうですが、若い先生や看護師さん達はサモエドの実物を見るのは初めてだった人も多かったみたいで、その時も診察室一杯にスタッフの方が溢れてましたっけ。(^_^;A
でも、今回紗羅を連れて行った時にもあんまり変わらないくらい驚かれました。

モコをいつも洗ってもらうショップにも見せに行ったのですが、そこでも同じように驚かれました。
そちらでもハスキーのお客さんは2頭飼いのお宅1軒しかいないんですって。

マンガ「動物のお○者さん」による一時期の大ブームのとき、いろいろ問題や噂を聞きましたモンね。
ブームに乗って飼ったはいいけど、大きくなって飼えなくなったと飼育放棄が多発したり(怒)、「顔が恐い」とか(模様だって!)、「頭が悪いらしい」とか(そんなことないのにねぇ…)、無理な交配で問題があったとかなかったとか…
みんな人間の勝手な話だったり、単なる噂だったりだと思いますが、その後におきた小型犬ブームの大波に飲み込まれ、見かけることが少なくなったのは事実だったかもしれません。
思えば、犬種としては不幸な時期だったのかもしれませんね。

あ、何が言いたいかってゆーとですね、なんてことないんですが、私の周り(の周り?)にはわりとハスキーさんとかがいるので そんなに少ないとか珍しいなんてちーっとも思ってなかったんですが、ペットショップでも「飼う方が少ないので、なかなか入れないんですよ」なんて言われるし、獣医さんでもトリミングのお店でも、そのお店の常連さん達にまで同じように驚かれて、正直びっくりだったんですよ。

で、モコですから… 「珍しい犬を飼うのが好きなの?」みたいに思われたようです。
『珍しい犬種を飼うのがステータス(自慢)だと思ってる人?』って思われてるのかなぁ(-_-;) って思って、ちょっと「え?っ(-_-;)」ってカンジです。(苦笑)

別にぜーんぜんそんなことじゃないんですけどね…(^_^;A
ただ単に、大きい犬の方が好きなだけ。 で、ふわふわ系が超スキなだけ(笑)なんですけど。 それがなにか?ってカンジです。(笑)

しかし、いくら大きい子が好きと言っても、今住んでるマンションではさすがにモコや紗羅以上の大きさになる子は飼えないですしね?(-_-;)

宝くじが当たったらでっかい土地を買って、サモエド牧場作って、他にもバーニーズさんとかピレネーさんとかアイリッシュウルフハウンドさんとかチベタンマスチフさんとかニューファンさんとかマラミュートさんとかビアディさんとかレオンベルガーさんとかキースホンドちゃんとか… みんなで一緒に暮らすのが夢です(笑)
あ、なんか珍しい犬種ばっかりだ(^_^;A (そして私の好きな子の系統がよくわかる(笑))

そうだよー! 小さい子ブームで大きい子を飼う人が少ないから 大きい子の種類が「珍しい」になっちゃうだけなんだよぉ。 ね?

と なんだかとりとめのないお話しになってしまいましたが、紗羅を迎えてつらつらと思ったことを書いてみました。
私の勝手な雑感ですので、読んで気分を悪くされる方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。この場を借りてお詫びいたします。
出来れば軽ーく聞き流していただければ幸いです。

たーいへん!

なんと なんと! ウチにたーいへんな事が起きちゃいました!

それはこちら
紗羅 ちっともじっとしてない
携帯画像でブレブレです。

なんと! ウチに新しい家族が増えてしまいました。(^_^;A
犬種はシベリアンハスキーです。 「紗羅(サラ)」といいます。
土曜日にフラッと立ち寄ったホームセンター内のペットショップ…
ケージの中にいたこの子に なぜか家族全員が一目惚れ(あぁぁぁぁぁ)
その日は当然即決なんて出来ませんから、そのあと練習に行って(この子にみとれていたせいで練習には1時間も遅刻!(-_-;)) 夜中に家に帰ってから家族会議です。

みなさまご存じの通り、今 我が家はダンナが単身赴任中ですし、これもご存じの通り、ウチはペット禁止のマンションにも関わらず、すでにモコと猫のプーがいます。
どう考えても「ムリでしょう」という話で終わるはず…だったのですが、結局みんなが諦めきれず、日曜日に飼うことを前提でもう一度見に行ってしまいました。(^_^;A
その時にはすでに朝4時までかかって決めた名前まで…(苦笑)

で、そのままお迎えしました。(o_ _)o

ペットショップでは超おとなしく、「これなら大丈夫だよねぇ?」と言っていたのに、ウチに帰ってきた途端ハイパー全開!好奇心超旺盛! 家中しっぽフリフリ走り回って、自分の10倍くらいありそうなモコにもなーんの物怖じもしないのです。(^_^;A
モコは足の下をチョロチョロと動き回り、あちこちから挑みかかるちっちゃい生き物にどう対処したらよいか分からないようでおろおろ… 今のところ ほとんどモコがやられっぱなしです。(苦笑)
「こいつ、ペットショップではネコかぶってたなぁー」と 一番乗り気だったお姉ちゃんが呆れるくらいです。
おしっこして怒られた(-_-;)

モコは横になっていると、体によじ登られるは、顔中はむはむむされるは…
紗羅をケージに入れて一安心…と思えば、ケージの側に横になったモコのはみ毛をぐいぐい引っ張って「なんだかヘンなんでしゅけどぉー」と困り顔のモコ…
これからどうなる事やら… いささか心配ではありますが、なんとか頑張って みんなと仲良く出来るイイ子に育てたいと思います。

もう少ししてお披露目出来るようになりましたら、みなさん会ってやって(大人の指導をしてやって)くださいませ。
モコ共々、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

紗羅ちゃんダメでしょ
「紗羅ちゃんダメでしょ」
モコねえちゃんに反撃!
「モコねえちゃん うるさいなっ!」

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。