もこもこぷー

仕事に育児、学童に吹奏楽、サモエド犬モコ&ネコのプー、さらにハスキーの紗羅まで加わり、ダンナは単身赴任… 忙しくも楽しい?日々を綴ります 

2007-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【長編】 祝結成!サモエド女子プロレス部(爆)

(おぅ(/_;) 今ショックなことが… 書き上げたばかりの渾身の同名記事が一瞬で消えてしまいました… もう一度書けるだろうか……)

気を取り直して

みなさんお待たせいたしました!
かねてより 地道な活動を続けておりました『サモエド女子プロレス同好会』が
このたび 正式に部活動として認められました!(誰に?(^_^;A)
結成に際し 初の部活動報告 並びに 部員勧誘の模様をお知らせしたいと思います。

まず初めに 部活の役員選出の結果をお知らせいたします。
部長には…
周りの白い目にもめげず(気付かず?) 誰彼構わず練習を申込み、 時には思いあまって♂の方達にまで挑戦しつつ個人練習を重ねてきた モコ@あねご家が選出されました。パチパチ

そして副部長には…
部長の独断と偏見で、 部長本人にも一歩もひけをとらない熱心さを持ち、 高いところからの攻撃と水技を得意とする頭脳派! 瑠璃嬢@翠紅家が選ばれました!
みなさま 以後 ヨロシクお願いいたします。

さて ここからがやっと活動報告&部員勧誘の模様となります。

本日は数名の仮入部・見学希望者がいるようですね。 どうでしょうか??

おっ! まずはゆきちゃん@ゴンパパ家が仮入部希望でやってきました。
早速部長が練習相手をかって出ましたね。 上手く入部してくれるといいのですが…

続きを読む »

スポンサーサイト

オフ会行ってきました。

えっと? 最初にお詫び…
今日の日記には写真は皆無です。(^_^;A
次の日記で写真付きでレポートします。

と 保証のない予告をしておいて…

日曜日
埼玉(?)まで 茶々丸くんのお誕生日オフ会にお邪魔してきました。

本当は家族全員で参加の予定でしたが、前日からお姉ちゃんが熱を出してしまい、本当はきっと あんまり行きたくなかったpapaが嬉々として 「オレ お姉ちゃんと一緒に留守番するから行ってくればぁ??」と言い出したので、正直悩みました。

なぜかって?
実を言うと 前日…というか土曜日?日曜朝にかけて 1睡もしていなかったからで?す。
『どうせpapaが運転だし?(^_^;A』 と思って 練習に行って いつもより羽目を外して遊んできたのに、帰ってきた途端に「言ってくればぁ?」と言われてしまったわけで(-_-;)
さらには 道 知らねぇ??っ!

やめようか?とも思ったのですが、しーは楽しみにしてるし モコもたぶん…?
参加表明もしちゃったしなぁ…

で 『えいっ!』ってカンジで出かけました。

とりあえずpapaには行程を確認し、Nさんから送っていただいたドッグラン周辺の地図を片手に出かけましたよ、埼玉まで!

ホント 私ってスゴイ!(と自分で誉めておく(笑))
『きっとこっち!』 『たぶんここを曲がる!』 そんなカンだけで無事1時間半で到着?♪ チョロいもんさ?(^_^)v

参加はサモ14頭(?)・他犬種3頭の大盛況!
サモは 他の方と何度も数えなおしたのですが、 なんたって動き回ってるし みんな白いし…(^_^;A
何度数えても数が合わない?(爆)
なので はてな?です。 あとからポジ君が来たから14頭でいいのよねぇ? ルーニーママ?(^_^;A

モコといえば 前半はフォルテ君の同胎・ゆきちゃんと 後半は遅れて登場の瑠璃ちゃんと 休みなくプロレスをしていて 「なんだか今日のモコちゃんは激しいね?」とみなさんに言われる始末。(笑)
とっても楽しかったみたいです。

お誕生日のプレゼントもお持ちしなかったのに、反対にケーキのお裾分けまでいただいて…
Nさん 本当にお世話になりました?!

モコもとっても楽しかったと思いますし、 私もしーもとても楽しかったです。

写真の整理まで まだ手が回らなかったので、 とりあえず文章のみのご報告で今回はご勘弁を?(^_^;A

近々 私の日記には珍しく サモネタ・写真入りをアップする予定…??
期待せずに次をお待ちくださいませ(爆)

参加された皆々様方 ありがとうございました?m(_ _)m

楽器を吹かない練習 その顛末

土曜日が過ぎた今、楽器を吹けなかった練習時間が虚しくて 悲しくて仕方ありません。

微かに楽器の音が漏れ聞こえる静かなロビーで しーと2人でオセロをして遊んでいましたが、4時間弱にもなる練習時間を そんな事で潰せるわけもなく、遅れて到着する団員に 「どうしたんです?入らないんですか?」と聞かれる度に、「しーが邪魔すると悪いので…」と答える苦痛。
2時間頑張りましたが、逃げるように外出し 終わりの時間に会わせて練習場所に戻りました。

戻ると 団員指揮者のS君が 「どこに行ってたんですか? 探したんですよ」と…
どうやら合奏途中の休憩時間に、未練がましく楽器を持参していた私を中に引っ張り込もうと探してくれたようです。
ロビーで粘っているときに 遅れて到着したS君が 「あねご 楽器は?」と聞いたので 「とりあえず持っては来た。」(持ってると吹きたくなるので 車に置きっぱなしにしてあった)と答えたため、『ムリにでも中に入れてしまえば!』と思ってくれたようでした。

そんな心遣いはとてもありがたかったのですが、実際 それでは私の決意がなんの意味もなさないし、 楽器を持っていったから 尚更吹けない事にストレスを感じてしまったので、今週は楽器を置いて行こうと思っています。

練習が終わって いつも通り倉庫に大物楽器をしまい、そのままいつものメンバーで夕食… その時に2月のイベント出演の話とか 今後どうしようか?などを 話そうと思ったのですが、運悪く その日は 今月末の団員総会に向けて幹部会議をするということで、 いつものメンバーは私以外全員そちらに出席。
どちらにしろ 夕食を摂って帰る私たちは 同じファミレスに入ったものの、隣に用意してくれた席に座るのは また「邪魔!」となる恐れもあったため遠慮して 離れた席につきました。

母子3人では会話が弾むはずもなく、静かにご飯を食べて 気分は落ち込むばかり…
しばらく会議の成り行きを見守っていたのですが、一向に終わりそうもなかったので 早々に引き上げることにしました。

一応 「帰るから」と声を掛けると、 前述のS君と同じクラの大人組K嬢が話し合いを中断して 「やっぱり来週から今まで通り という風にできませんか?」と言ってくれました。
「う?ん…」と唸るばかりの私にS君は 「あねごぉ? いつまでこんな事続ける気ですぅ?」と わざとおどけて更に聞きます。 私は「さぁ??分からなぁい」と答えました。
同じようにおどけた口調とはうらはらに きっと能面の様な顔をしていたと思います。

メンバーも心許ないし、お子ちゃま組(高校生トリオ)は使い物にならないし… などと理由を並べ 「あねごには(2月のイベントに)出て欲しいんです。」 「出てくれないと困るんですよ」 「あねごは大きな役割を担ってるんですから…」と口々に持ち上げてくれたのですが、やっぱりそれではなんにもならない…

「本音を言えば私は楽器を吹きたいよ。 今日だって本当に辛かったもん。 吹かない期間が長ければ長いほど、きっと取り返しがつかなくなる程ヘタになっちゃうかもしれないし…。 だけど 今 自分で言ったことを翻したら、 結局 しーの事もなんの解決にもならないし、 私の考えや気持ちは 誰にも伝わらずじまいになっちゃうから…」 と答え、 2月のイベント出演辞退も考えて欲しい旨 伝えました。

本当は自分に踏ん切りを付けるために、その場で辞退するつもりでしたが、 「あと2ヶ月あるから、なにも今 決めてしまわなくてもいいじゃないですか」 「楽譜だけ渡すので 譜読みをしておいてくれれば あねごだったら吹けるじゃないですか」 と 2人に強固に押し切られ、 結局は保留ということで 逃げるように帰ってきた次第です。

帰りの車の中 寝てしまった子どもたちを後ろに乗せて 静かな車内…
今日の練習の事やファミレスでの疎外感を1人思い返し、 これからどうなるのか? どれほど楽器が吹けないのか? その間に自分の腕はどれほど落ちるのか… 様々なことをつらつらと考えて 悔しくて 辛くて 涙が溢れてきました。 自分でも意外に弱いのだな…と思うと更に情けなく………

今週の練習も また試練の時です。

先週は本当に辛かったので、 今度は最初から 外出してしまおうか?とも思っています。

なんだか私 逃げてるみたいですね(自嘲)
いったいなにから逃げているんだろう…

なんだかとっても悔しいっ!

(超長いです)

先日の日記で 『小さい頃から楽団の練習に連れて行っていたお姉ちゃんと一緒に演奏できるようになって感無量…』的なコトを書きましたが…

実は演奏会の1ヶ月半くらい前にとってもガッカリすることがあったのです。
コレはお姉ちゃんの事とは別の話…

その日、練習に少し遅れて到着した私。
その日はなんだか駐車場が一杯で 停めるところがなくて『どうしよ?』と思っていると、ちょうどその場に居合わせた団長が「こっちに停めれば」と誘導してくれました。
「どうも?」と言いつつ駐車して楽器を下ろそうとすると、先に建物に入ったとばかり思っていた団長が近寄ってきて 「ちょっといい?」と言うのです。
「なんですか?」と 聞き返すと、一緒にいたお姉ちゃんに聞かれたくない様子で、「ちょっと…」と口ごもっています。
お姉ちゃんに先に行くように言って あらためてお話しを伺うと、 その内容はこんな事でした。

「しーちゃんが合奏中にあちこち動き回るので、それが『邪魔だ!』とみんなが怒っている。 そのせいで合奏に集中できない。 ジッとさせて欲しいという話が来ている」

それを聞いて 一気に脱力でした…

『みんな』って誰? どれだけの人数が言ってるの?

確かに その前の週の合奏中、 入り口から 一番奥の私の席まで 合奏中にしーが2往復しました。 それは「ママ トイレに行って来るね」 「帰ってきたよ」と私に伝えるためでした。
練習室から外に出てしまうと全く見えないので、会館の方に迷惑をかけたり その他たくさんの方が出入りしている場所のため心配なので 「勝手にどこかへ行かないように」と言い聞かせてあるからです。
でも それだけなのに?

少し前までは ご指摘の通りあちこち動き回っていたしーですが、最近はさすがに分かるようになってきたので一カ所で動かずに遊んでいることが常でした。
なのになんで?

それから 私が注意しないわけではなく、邪魔をするようなことがあれば 他の人が「そんなに怒らなくても大丈夫ですよ」と気にするくらいに叱りとばしていましたし、 他の人も気になることがあれば 直接しーに「静かにしてね」などと注意をしてくれていました。

前からいる人たちは お姉ちゃんが一緒に演奏できるようになったことを私以上に喜んで、「あんなに小さかったのにねぇ…」 「うちも子どもが出来たら こういう風になれたらいいなぁ」と言ってくれていた矢先のことです。

出産ブームで続々と子持ちが増え、その人達も 「子どもが出来たって楽器を辞めなくてもいいんだよね。 あねごみたいに続けるんだ!」と ほとんどの人が復帰してくれるようになりました。

これは 創立当時から在籍している団長と 創立当時独身で、その後結婚・出産した私との間で 『団の理想のあり方』として思い描いていた姿だと思っていました。

それなのに! よりによって その団長からそんな苦情を聞かされることになろうとは!

正直言って その瞬間はショックで… 言葉が出ませんでした。
本当に本気で 楽団を辞めようと思いました。
そして、 今まで 『子どもがいたって楽器は続けられるんだ!』って事を身をもって示して行こうと思ってきて、 ようやっと形になってきたと喜んでいたこと。 みんながそれを理解して賛同してくれている… 団のポリシーとしても受け入れられているはずと思っていたことが 一瞬にして虚しくなりました。

「わかりました。 それほどみなさんにご迷惑をおかけしているなら、演奏会までは責任があるので どんなことをしてもしーを置いて練習に参加しますが、 演奏会が終わったら しーを連れてこざるを得ない日には練習に参加しません。」
「練習室に私が入ればしーも一緒に入りたがります。 しーが邪魔になるということであれば、私は練習室に入れません。 お姉ちゃんは練習に参加させたいので ここには来ますが、私は外で練習が終わるまで待つことにします」
そのようにお返事をしました。

続きを読む »

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。